相性のはなし

数術鑑定をやっていて 「面白いな~」 と思うのは 恋愛やご夫婦での相性を見るときです。

数術とは

生年月日を利用して、性格や運気を鑑定します。数秘術とは違います。

数秘のように歴史や本とかないので。今のところ私の数術は私オリジナルです。

数術は陰陽の数字を出して両面から判断していきます。(人間って絶対2面はあるので)

そして運気も人によって変わっていきます。

数字は1から9までを使うのですがお付き合いされていて

「価値観やどことなく似た部分を持っている」と感じるお相手とは

同じ数字を持っている人が非常に多いんです。

例:男性 1-4  女性 5-4 とか 男性 9-3 女性 3-7 のような感じ。 

全く異なった数字を持つ相手とは「自分とは考え方が違うので、いい」と

思えるお相手なのです。

お子さんにも同じことが言えます。

前者なら「お父さん(お母さん)に似てるわー。こう思ってるんやろうな」

後者なら「誰に似たん?よう解からんわ」 ってなります。

ちなみに、どっちがいいとか悪いではないです。

恋愛って占いで決めて相手を好きになるんじゃないもの。結果としてこうだ ってデータです。これ。

そして数には、男数と女数があります。

女性で男数を強く持つと、しっかりした人になりやすく

男性で女数を強く持つと草食系になります。

男数の強い女性には女数の強い男性がお相手となるケースが比較的多いです。

女性は物足りなさを感じるかも知れませんが、癒しを受け取れるのがこの組み合わせ。

男数が強い女性が男数の強い男性をお相手にする場合、両極端になります。

お互いの生活を尊重して楽しめるか ・ ぶつかりあって喧嘩になるか です。

後者のパターンは相性が悪いのかというと違うんです。

それだけお互い話し合う機会が出来るので。

いずれにしても、一番大事なのはお互いがお互いが理解する気持ちと

何よりも見返りを求めない気持ち、愛が必要なんですよね。

大好きな人を、そして自分を理解してゆきたいものです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.