霊障は霊視でしか解らない?

霊障 霊が原因で起きている出来事、障り。

これが原因かどうか、見極めるのは霊視でしか解らないと思っていませんか。

実はそうではありません。

霊能力が無くても、見極める方法があります。

私の手持ちの、胡散臭い系書籍の目次をご覧ください。

IMG_9733[1]

易の六十四卦の占病と祟りの秘説ってありますね。
これが「易によって 霊障を判断する方法」です。

この続きに、一白の祟りを看破する秘術というのもありますね。
これは「九星気学によって 霊障を判断する方法」になります。

易の例で言えば、乾為天の卦を得たとしましょう。

「祟は阿弥陀様、明神、父方についての女の死霊あり」 と判断することが出来ます。

九星気学の場合は9マスのうち、どこに何が掛るか で判断していきます。

こんな感じで、出たものによって判断するわけです。

易や気学以外にも判断できる方法はあります。

水晶球占いも、霊を視ることが出来ない人が視るように出来るものですし
すみいろ占いも、文字の中に霊像がしっかり浮かびます。
言魂タロットも使いようで出来ます。

これらの特徴は「肉眼で見えること」ですね。霊視は肉眼使えないから。

ですが、これらの方法で霊障を判断している方=霊視が出来ない ではないよ。

道具を使って霊視をすると 肉体的、精神的な負担が軽くなります。

何も使わず霊視をするってのは結構タフでないといかんのでね。

だから、あえてツールを使う霊能者さんもおられますよ。

霊の障りは こんな方法でも知ることが出来るのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.