【ご感想】「家族についてのコードカット」を受けたら、生きやすくなった!

親と兄弟との感情コードカッティングで、生きやすくなった!と
ご感想を頂きました。ご本人様に了承頂きましたので
ご紹介させていただきますね。

a1130_000131

るか先生

こんにちは。
先日は「感情コードカット」のセッションをありがとうございました。

以前から、私が前へ進むために「家族についてのコードカット」を
しなければならないだろうなぁ。 とは思っていましたので
今年そのタイミングも来ているのでいつにしようかなぁとも迷っていました。
「本当に、いつにしようかな」くらいでいたのです。

しかし先日、家族内で腹立たしいことがありまして、その勢いで
セッションをお願いしてしまいました(苦笑)
多分、ここまでの事が起きないと動けなかったのかもしれないですが……(笑)
お願いしておいて

「とうとう、とうとう頼んでしまったよ!」

と軽くパニック起こしてましたが、やっぱり受けてよかったです^^
以前、仕事上のコードカットをしてもらったときとは違い
家族からの敵意を受けることはなかったのですが
セッション後、2・3日は変化あったのかはよくわからず

あれから2週間弱たちまして、母との距離がつかめて来ました。
これまででしたら「こんなことを言ったらまずいかなぁ……」とか
「…そうなのね」(と言って、携帯いじりながらという格好)など
言葉にする前にいろいろ考えていたのですが、それが少なくなり

「母は母」「私は私」

という関係になれた気がします^^

常に相手に気を使っていた生き方から、すごく気楽な生活を
送れるようになれました。

フィードバックのメッセージでいただいた、

母からはスチールの太目のコードが伸びている。は
一瞬、目を疑いました。

「スチールって、あのスチール?
なんと! そんなしっかりしたものをつけたまま
私は育ってきたのか!!」

と、驚きでした。

コードと聞くとコンセントのコードのやわらかいイメージでしたが
(以前お願いしました会社関係のことは、他人なので特殊だと思っていました)
これは、親子だからなのか?
本当に、いろいろなものがありますね。

いろいろといえば
また今回、「弟」との繋がりもお願いしていましたが
本音を言いますと弟のほうが、ごっついコードだと思っていましたが

こちらは「毛糸」
なんて、顔に似合わず柔いものなのか!

相手の態度などを見続けていると「絶対に、大変なコードだ!」
という思い込みもありましたので フィードバックは
予想外で面白いですね。

「いつかは受けよう」が、勢いでセッションのお願いをしたのは
私もびっくりでしたが すごく生きやすくなりました!
受けた後は「もっと早く受ければよかった(笑)」って思っちゃいました。

るか先生、本当にありがとうございました。

(Aさま)

家族に感情を揺さぶられすぎている人は、感情コードカッティングが
非常に効果があります。

ほぼ毎日、顔合わせる・口を聞くたびに感情が揺さぶられるから
切っちゃえば気にもならなくなるんですよね。

感情コードを切る = 縁切り ではありません。

お互いが個々の人間として尊重できない関係性の感情。

それは依存であったり、貶めるような行為や感情、モラハラであったり。
愛以外の感情を切るわけです。

愛は白い光のようなもので、消えないし切れないし 切る必要もない。

今回は遠隔セッションだったので、コードの形状は後日報告でしたが
シンデレラセッションでやるときは、クライアントさんと相互確認しながら
形状や色を確認します。みんな自分で解るのよ~。

自分が人の意志に影響されないように生きたいなら、感情コードカッティングはかなり有効に使えます。

揺さぶられる感情、状況に疲れたなら、受けてみてください。

心が安定しますよ。

感情コードカッティングのセッションはこちらです。

対面はこちら ・ 遠隔はこちら

対面は複数名のカッティングが可能です

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.