人間関係は合わせ鏡。

人間関係に悩んでいる方は、とても多いと感じています。

原因や理由はいくつかパターンが有るのですが、今日はそのパターンの一つについて、お話しましょう。

私は 「人間関係は合わせ鏡」 だと考えています。

a0002_009249

これは「類は友を呼ぶ」という言葉にもなっているのですが

「人間関係は 考えの似ている、共感できる人が集まる」のですね。

だってそうでしょ。嫌いな人と友達には ならないし、なれないでしょ。

友達が嫌いな人になる、友達が離れていく事はあるけど、それはまた別の話。

だけどね、周囲の人って 自分を周囲にどう見せているか、その部分で判断していることもあるのです。

例えば、周囲に嫌われたくない・皆に好かれたいと思って 無難な振る舞いをしていると その無難な振る舞いに惹かれる人が集まります。

ずっとそうしてきて、ある時 自己主張や自分の意見を言ったとしましょう。周囲はどうなると思いますか?

「そんな事言う子とは思わなかった」 って言われる?

「自分の意見をちゃんと言ったな」 って言われる?

正解は どっちも可能性があります。

なぜそういった事が起きるかというと、前者は「表面的なあなたに惹かれた人」で、後者は「あなたを理解しようとしている人」だからです。

でもね、どっちの人が悪いってのではないの。

何故かと言うと、表面的なあなたは誰が作っていたか・・

それは あなた自身だから。

周囲に嫌われまいとして、嫌われないような無難な着ぐるみ、猫をかぶっておいて それを脱いだら嫌われた・・・って

最初から かぶってるから おかしくなっとるんやん。

着ぐるみ脱いで、違ってた って離れる人も居れば、おお・中からこんな人出てきたって思う人もいる。

素のあなたを理解してくれる人が、周りに集まれば より良いのです。

素のあなたを理解されるには あなたが素を出しておく必要がある訳です。

そして、大体の方が 自分の素というモノに気づいていない のです。

それを知るために、自分を内観する訳ですね。ちょっとしんどいけど。

だけど、素の自分を出したら 何をしてもいいってもんではないのです。

礼儀や態度、思いやりは忘れちゃダメなのですね。

素の自分を出しているのに、理解されない!と思っている人は 自分の行動を振り返ってください。多分、なにかやってます。

自己内観が苦手な方は シンデレラセッションがオススメです。私があなたの感情のガードを外して 本当の思いを丸裸にしていきますよ(ΦωΦ)フフフ…

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.