情報の選び取り方を考える。

ちょっと「情報」について思うところがあったので

備忘録も兼ねて書いておきます。

現実的にも、スピリチュアル的にも 関係するお話です。

この世の中・・と言いますか ここ10年程で特に

私達が 自分自身で取得できる情報が増えています。

これは言わずもがな、インターネットの発展に因るもので

様々な人が色々な情報を発信することが出来

また、私達も居ながらにして 色々な情報を得ることが出来るのです。

画面の向こうの海を渡った相手とも 話ができるし

夜中に病気で困ったとしても 対策を手元の携帯で調べたり

救急の電話番号を調べたり出来ます。

私が色々な人と出会えたのもネットのおかげですし

これを読んでいただけるのも、ネットのご縁なわけです。

私は20年以上ネットやってるんで、ある意味無くては非常に困る

そんな生活を送っています。ネットに縁の深い水瓶座ならでは。

ですが、そんな私でも 情報は取捨選択しています。

8ae092fd72650c726ebf71b1d2389297_s

変な話ですが、情報というものは玉石混交です。

どれを信じるか信じないか、は 自分の心しか決めれないのです。

ここに「正しい」「間違ってる」はあまり言いたくないのですが

明確に「違うがな」ってことも混じっていますからね。

そういったことは 省くべきかな、と思うわけです。

因みに、私が「正しい」「間違ってる」と言いたくないのは

その人の受け取り方で変わることもありますが、後々の発見や

歴史の流れで変わっていくこともあるから、なのです。

その時までは一般的な真実であったとしても

後の世で違っていた、という事もあるし、その逆もあるからです。

だから、そこに重きを置くべきではないかなと。

話を戻して。

あなたがどの情報を選びとるかは、あなた次第なんですね。

その基準も方法も あなたが決めているわけです。

そういう意味では、必要な情報はあなたの所にちゃんと届くわけです。

ですが、視野を広げたいと考えるのであれば

自分の望むこと以外の情報も 意識的に選んでみることです。

そして、自分がそこに何を感じ取るかを 考える。

反感かも知れないし、違和感かもしれない。

共感かも知れないし、不信感が生まれるかもしれない。

何でもいいの。自分が どこに なにを 感じ取るか。

情報を選びとるということは、あなたの心が選ぶものであり

何があなたの中で真実なのか、ということなのだと感じるのです。

それが一番大事なのですから。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.