魂の系列。

ここ数日、痛烈に実感したことを 書いてみたいと思います。

トンデモスピリチュアルに感じる方もいらっしゃるかと思うので
胡散臭い話がお嫌いな方は Uターンをお願いしますです。


自分の魂のルーツが何であるかを、私は知っていたりするのですが
占い師、霊能者としての自分のルーツは 少し違っています。

このルーツはざっくり西洋・東洋に分けることが出来
西洋でも北欧系・イングランド系・ヨーロッパ系・エジプト系。
東洋でも仏教系・密教系・古神道系・・などと細分化します。

ミトラやインド、メソポタミア系もいらっしゃいますね。

a1180_006772

私の魂的な部分は 仏教系なんです。

仏教なのですが、チベット密教系です。

日本だと真言宗系列に当たりますが、真言宗の家に生まれているので
そこが影響しているかもしれません。

漢字よりも、チベットやネパールの文字よりも
梵字がしっりる来るという。

a1190_000007

で、最近「やっぱりな~」と思ったことがありまして。

それは「魂が古神道系の人とは会わない」です。

合わない、ではなく会わない・会えないのですよ。

「この人にお会いしたいな~」と思っても会えない。

偶然お会いする機会が出来る、でしか会えないのです。

なんでかなあ・・とは思っていたのですが

よくよく考えたら、古神道って奈良時代に仏教が入ってきた時に
その立場を変えられてしまっているんですよね。

そりゃ、会いたくても会えないよなあ・・と。

何かが邪魔してでは無いのですが、何らかの作用はあるようです。
私サイドの問題でもあるでしょうしね。

いつしか、古神道系の方と 色々なお話ができればいいな。

見え方や理解の仕方について、お聞きしたいものです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.