私にとっての「占星術」。その原点。

さて、先日とうとう発売されました。

{53AC838B-3F43-4572-B690-EA0E26A72D19:01}

大人のマイバースデイ!!
1979年創刊、2006年に無期限休刊になるまで 占いについてを発信し続けた雑誌です。
占い好き女子なら、一度は手にとったことがあるのでは?

去年に引き続き 臨時復刊と言う形で発行されました。

大人のMy Birthday 愛と運命の占い2014年上半期 (ブルーガイド・グラフィック)/実業之日本社
¥590
Amazon.co.jp

大人になった少女たちへ! My Birthday (実用百科)/実業之日本社
¥1,260
Amazon.co.jp  こちらは去年のもの。

で、今年は占星術特集でしてね。
過去に連載されていた ルル・ラブア先生の占星術記事が載っていました。

その連載をまとめた本がこれ。

{099D6296-CFF6-44E6-854C-B0242ECE7ADF:01}

初めて買った占星術の本です。
初版昭和57年。私の本は昭和62年7版。
高校生だったのかな、このとき。

実は少しアンチ命術だったんですよねー。
「同じ誕生日・時間に生まれた双子ってどうなん??」
 ってね。
なもんで、計算で(手間がかからない)導くことが出来ない
タロットの方に、魅力を感じてしまってたんですよね。

この当時、何を考えてこれ買ったんだろうなー。
実例として芸能人を鑑定したホロスコープが載っているんですが
山口百恵とか沢田研二とか、すっごく時代を反映しています(笑)

で、ですね。
いま この本を買ってから20年以上経っているのですが
占星術を習っているのです。

その当時 感じていた疑問が、今になって解けていっている感じ。
まだまだ奥が深い占星術ですが、その一歩をこの年齢になって
踏み出せたことに感謝しています。

いやー、人生 何が有るか判らんわ(笑)

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.