凄くも特別でも、なんでもない話。

こんばんわん、奄海るかです。
名古屋のお仕事の話もまだUPしていないのですが、どうしても書きたいことがあったので。

ご依頼者様やお友達に 「るかちゃんはすごい」と言っていただけることがあります。
言っていただくのは嬉しくも有り、ちょっと恥ずかしくも有ります。

んが、私自身は 凄いとも 持っている能力が特別だとも思っていません。
だって、私より凄い人なんて星の数ほどおるもん。
個人的には、仕事もしつつ子育てしてるお母さんって ほんま凄いと思ってます。

そんで、自分の場合 自分で凄いとか特別とか言い出したら
それは奢りなんだろうなと思ったりしているのです。
元々が調子に乗りやすいため、こう思い出したら 謙虚さもなくなるという目安。
まあ、もし言い出しても ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン ってしばいてくれる友達が
山のようにいるので、大丈夫かなと思ってはいるんですけどね。

私のやるべきことは ご依頼者さんが幸せになるため 出来る事をするだけ なのです。
簡単なようで、とても責任が重いことなのです。未来に人生に影響を与えるのだもの。
慎重に、真摯に伝えることが最重要なのです。
そして、ご依頼者さんが自分を変えるために どうすればいいのかを知ってほしいの。

そんな中に、自分が凄いだとか 特別だとか。そんな事考える意味が無い。
だって、どうでもいいもん・・・・んな事。
私のやるべきことは ご依頼者さんに向き合うことであって
自分の価値を周囲に認めて貰う為でないから。

私は、自分の為に努力をしている あなたが
一番凄くて、立派なんだと 知っているから。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.