目は心の窓・顔は魂の姿。


こんにちわん。東洋魔術師・奄海るかです。
今日は顔と目のお話。

以前から記事に書いていたこともあるのですが、その人の性格は 顔と目に現れます。
いつも笑顔でニコニコしている人は、とても幸せそうですし こちらも笑顔になってしまいますよね。
しかし、今回はそこではないのですよ。

何気ない日常の会話が、あなたの顔を作っていると言われたら・・?

でも、実際にそうなのです。

笑顔でもその発する言葉の内容がネガティブなものであった場合
(言葉の美しさではなく、話の内容がね)顔の形が変わってきます。
何がどう・・ではないんですけど 崩れます。いがむというかね。

頭は 魂が現れる場所と言われていますから
その内面を鏡のように 表面に映しだしてゆくのでしょう。
それは外見の美醜ではないのです。
内面の輝きが顔に出るということなのです。

特に30代になると、20代にしてきたことが出るように感じます。
実体験からですけどね。目の当たりにして怖かった・・

そして、目は心の窓といわれるように その人の内面を語ります。

生き生きしていて、自分らしく生きている人。
楽しんでいる人は目が輝いています。子どもなんてほんとにそうですよね。

悩みが多かったり、疲れている人は 目が疲れているように感じます。
恨みや怒りを強く持っていると、魚の眼のように濁ります。
焦りや満たされない感覚が強くある人は、目が笑っていないことがあります。

このように、目もまた あなたを表に映しているのです。

鏡に写ったあなたは、イキイキしていますか?
目に輝きはありますか?

自分の状態を、鏡から受け取ってみること。これもセルフメンテナンスなのです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.